おすすめの首の角質粒を除去する方法!自宅で治療できて安いので人気

首の角質粒を除去する方法としては選択肢は非常に多いです。

 

病院でレーザーや液体窒素を使う方法もあります。

自宅で薬やクリームを使った治療方法もあります。

美容外科で炭酸ガスを使う方法もあります。

 

しかし、それぞれにメリットやデメリットがあって、一概にどれが一番良いなんてことはありません。

ただ、個人的におすすめな治療方法だなってのはあります。

 

理由としては安いですし、自宅で治療ができるので手間がかかりません。

何より沢山の人が効果を感じているので、まずこれだなって治療方法となります。

 

ここではおすすめの首の角質粒を除去する方法については紹介をしていこうと思います。

アクロコルドンやスキンタッグが首に沢山できて困っている人に読んで頂ければと思います。

 

首の角質粒を除去するのにおすすめの方法

結論からするとおすすめの角質粒を除去する方法はヨクイニンが配合された首の角質粒クリームを使った方法です。

 

メリットとしては2000円から4000円程度で購入ができます。

そのため、ヨクイニン錠やイボコロリなどと比べると1ヶ月の費用が安く抑えることができます。

2000円から4000円安いのですね。

 

病院への通院も必要としないので、自宅でお手軽な除去方法ともいえます。

休日を無駄にすることもないですし、病院の待ち時間も必用ありません。

そのため、手間がかからない除去方法です。

 

最後の理由としては効果を感じている人が多いことです。

人気の角質粒のクリームとなると20万個以上が販売されているのまであります。

長い間売れ続けていて、口コミでも評判が高いのですね。

 

そのため、首の角質粒を除去する方法としておすすめはクリームを使うことです。

人気のクリームについては下記のサイトで実際に使って解説がされているので分かりやすいと思います。

首イボを自宅で治療する方法や薬やクリーム

 

首の角質粒クリームは薬局で販売していないデメリットもある

デメリットと捕らえるかメリットと捕らえるかは人次第ではありますが、少なからずあります。

首の角質粒用のクリームはほとんど薬局やドラッグストアで販売がされていないです。

 

そのため、購入をするなら通販を利用する必用がでてきます。

 

通販であれば日本全国のどこでも購入ができて、自宅に届くので楽って人は多いです。

しかし、選択肢として店頭が外れてしまうのでデメリットではあると思います。

 

ほとんどの通販に関しては代金引換え便が使えるようになっています。

商品が自宅に届いたときに商品代金を支払う方法となります。

 

今までに通販の経験がなかったり、クレジットカードを入力するのに抵抗があるって人は代金引換え便の利用がおすすめとなります。

 

首の角質粒クリームの種類!評判には注意

首の角質粒クリームといっても色々な種類が販売されています。

しかし、口コミを見る限り評判の悪いのも多いです。

 

高い化粧品でも効果がないと評判の悪いのもあります。

高ければ良いってのは間違いなので注意をしましょう。

 

できるだけ価格も安く評判も良いクリームを選ぶのがおすすめとなります。

私が使用をしたことがあるクリームも2000円程度で販売されていたものでした。

 

評判とかは先ほど紹介したサイトで色々なクリームを使ったりして、口コミを掲載しているサイトを参考にすると良いかと思います。

 

角質粒には飲み薬と塗り薬のどちらが良い?

角質粒を自宅で治療する方法として薬を使った方法です。

 

一言で薬といっても飲み薬もあれば塗り薬もあります。

そのため、どちらを利用した方が効き目があるのか気になることでしょう。

 

必ずしもどちらの薬を使った方が効き目があるようなことはありません。

それぞれに特徴もあり、販売しているお店も異なってきます。

人によって使うべきものは異なってくるのですね。

 

飲み薬か塗り薬か迷っている人にそれぞれのデメリットを紹介致します。

 

飲み薬のメリットとデメリット

飲み薬のメリットとしてはからだの全体の肌を改善することができる点です。

角質粒は首にできることが非常に多いですが、顔や腕にも発症をします。

そのため、同時に発症をした人であればひとつで全ての箇所を治すことができます。

 

また、薬局で市販されていることが上げられます。

ただ、デメリットもあります。

 

からだの内側に肌を改善させるために成分を浸透をさせるので、

一部分を改善することはできません。

塗り薬のように角質粒に直接塗ることができないのですね。

 

塗り薬のメリットとデメリット

塗り薬のメリットとしては角質粒に塗ることができます。

そのため、塗ったエリアの部分の改善を直接行うことができます。

 

ただ、デメリットとしてはほとんど市販がされていないことです。

ドラッグストアで塗り薬が置いてあるのは見かけたことが無いです。

皮膚科へ行けば軟膏が処方されることはあります。

 

手術をした後に予防するためにも手術後にはケアが必要となります。

その際に塗り薬である軟膏が処方されることもあります。

 

塗るタイプで改善をしたいのならヨクイニンクリーム

 

塗るタイプの薬ではありませんが、首イボ用のクリームが市販されています。

それがヨクイニンクリームです。

 

ヨクイニンが配合された化粧品で角質粒用に作られています。

イボを柔らかくし、肌機能を高めることができます。

角質粒の原因となっている角質が肌に残るのを改善することができるのですね。

また、イボをポロリと肌力を高めることで落とすことができます。

 

薬ではないですが、塗るタイプを利用したいって人に人気となってる方法です。

人気なのであれば艶つや習慣や杏仁オイルなどがあげられます。

 

どちらの薬がおすすめかは角質粒の部位によって違う

 

塗るのか飲むのかの判断はからだの部位で決めるのがおすすめです。

顔や首に部分的にイボができているのであれば塗るタイプを利用する。

からだの色々な箇所に発症をしているのなら飲み薬を利用する。

 

以上のようにイボが発症している箇所によって決めるのがおすすめです。

塗るタイプだと首だけでなく他の部位にもあったりすると全体をカバーできないこともあります。

そのため、2つ必用になることもあります。

 

あなたの角質粒がどの範囲にあるのかによって、

使うべき薬や取り方は決めるようにしましょう。

首イボケアで角質粒を除去するならヨクイニンクリーム

首イボは角質粒と呼ばれる角質の集まりとなります。

そのため、ケアをすることで取ることができます。

 

首の角質粒のケアに大事なのはヨクイニンと呼ばれる成分です。

ヨクイニンには角質粒を柔らかくする働きがあります。

また、保水力も高く肌機能を改善する効果があります。

 

ヨクイニンの働きによってイボを取りやすい状況にすることと

イボを取る働きを促進させることができるのです。

 

首の角質粒でケアをするのであればヨクイニン配合のクリームを使うようにしましょう。

 

首イボケアの仕方!日ごろのスキンケアと同じ

首イボケアといっても特別なことはしません。

大事なのはヨクイニンが配合されている化粧品を使うことです。

 

朝に洗顔後にヨクイニンクリームを塗ります。

そして、風呂上りにもヨクイニンクリームを塗ります。

 

首イボのケアといっても特別なことはしないのですね。

クリームは化粧水を使った後に塗るようにしましょう。

 

角質粒はどれぐらいの期間で取れる?

 

ケアをするにあたって気になるのがどれぐらいで取ることができるのかだと思います。

これに関しては想像も付くとは思いますが、明確な期日はありません。

肌の状況や角質粒の発生状況にもよって期間は異なります。

 

早い人であれば2週間ぐらいで首がキレイになったって人もいます。

しかし、年を取るほど取れるまでの期間は遅くなってきます。

長い人であれば2ヶ月かかったなんて口コミもあります。

 

イボが取れてもケアは継続が必要!予防をしなければ再発する

イボの種類は全部で数百種類あると言われています。

ただ、ほとんどに当てはまるのが再発をしやすいってことです。

 

首の角質粒に関しても同じように繰り返しあらわれることが多いです。

特にイボが取れたからといって何もケアをしない人は再発が非常にしやすいです。

 

首や顔にイボができてしまうのはそもそも肌力が低下したことです。

ヨクイニンクリームでケアすることでイボは取れたとしては肌がきちんと改善された訳ではありません。

そのため、最低でも3ヶ月はクリームでスキンケアを毎日行うようにしましょう。

 

たとえ皮膚科の手術だとしてもケアは必要です。

大事なのは原因を解決することなのですね。

ここを間違えてしまうと繰り替えす首イボに悩まされることとなります。

 

ヨクイニンクリームの販売店

化粧品といえば薬局やデパートですが、どちらも取り扱っていないことが多いです。

薬局であれば薬に関しては販売がされています。

しかし、1ヶ月分の量で6,000円ほど掛かるので少し高額にはなります。

 

ヨクイニンクリームで人気のは通販限定での販売されているのも多いです。

最近では化粧品で通販限定の商品も非常に多いですね。

 

今まで市販されているのしか使ったことがない人はこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

代金引換え便を使えば到着の際に現金で支払いをすれば良いだけです。

全く手間も掛からず非常に便利となっています。

 

首イボケアとしてヨクイニンクリームを使うのであれば通販を利用しましょう。

スキンタッグを切るのは危ない!真皮まで傷つけ一生傷跡に悩まされる

首や顔の角質の集まりであるスキンタッグですが、自分で切るのは危ないです。

皮膚科でハサミで切る手術は行われます。

しかし、あくまで医者が行う手術で行っているので安全ってだけです。

 

首のイボは角質が集まってできた角質粒だからといって安易に取るのは止めたほうが良いです。

痛みを感じることもあります。

傷跡が残ることもあります。

特に角質層の奥にある真皮と呼ばれる皮膚細胞を傷つけると、傷跡が消えることはありません。

イボを取ることはできても真皮を自然治癒することはできないので注意をしましょう。

 

スキンタッグの特徴!小さいが少し盛り上がっている

首の角質粒としては3種類あります。

特にスキンタッグと間違えやすいのがアクロコルドンです。

 

スキンタッグはサイズは小さいのですが、肌から少し盛り上がっています。

見た目はピロッと少しイボが垂れ下がっているのが特徴です。

間違えやすいアクロコルドンに関しては盛り上がっていないので、間違えないようにしましょう。

 

首の角質粒はアクロコルドンやスキンタッグなど呼び方は色々とあります。

ただ、原因もケアの方法も同じとなります。

そのため、同じ治療方法を行うことができます。

 

スキンタッグを治療するなら切るか凍らせる

スキンタッグの治療として、皮膚科ではハサミで切るか液体窒素で凍らせる方法が行われます。

切除するのは駄目なのでは?

医者が切るのと自分で切るのでは話は変わってきます。

医療の専門的知識を持っている医師であれば安心して任せることができます。

 

ただ、たとえ医者でも傷跡として残る可能性が完全に無くなる訳ではありません。

角質と皮膚の接合部分を適切に肉眼で判断をすることは無理です。

切りすぎてしまえば傷跡が残りますし、足りなければ取ることができません。

そのため、傷跡が残ることもありますが、自分で行うのよりはるかに安全です。

 

薬を使って自分で取ることもできる

スキンタッグを自分で切る治療に関しては危険ですが、自宅で行う方法はあります。

それが薬やスキンケアをする取り方です。

 

薬局へ行けば『イボコロリ』の錠剤が販売されています。

この錠剤タイプにはヨクイニンが配合されており、首のイボ用の薬品です。

 

ただ、薬を使うのであればひとつ注意があります。

間違っても液体状のイボコロリは使わないようにしましょう。

液体タイプはウイルス性イボの治療薬で皮膚の細胞を死滅させます。

そのため、首には使用禁止となっているので絶対にやめましょう。

 

アクロコルドンはケアで取る!20代でも発症する首の角質粒

10代や20代でも発症することが多い、首のイボがアクロコルドンです。

アクロコルドンは大きさが小さいからといって油断することはできません。

 

一度、首や顔に発症をすると、すぐそばにぽつぽつと増殖をしてしまいます。

気づいたら首イボだらけになってしまったなんて人もいます。

20個や30個と大量に発生がしやすいのですね。

 

首のイボとしても知られるアクロコルドンを取るのであれば大事なのはケアをすることです。

首や顔のケアをすることで自然と取ることができます。

全ての原因は角質が関係をしています。

そのため、スキンケアをすれば除去することも可能となるのですね。

 

10代や20代の人でも日焼け止め対策をしていなかったり、

外出する時間が長い、運動部で紫外線を浴びたりしていた人は発症する可能性も高いので、

気づいたら早めにケアをしましょう。

 

アクロコルドンの特徴!サイズは小さいがあなどれない

アクロコルドンの特徴としてはサイズが小さいことです。

ほくろのようなサイズをしていますが、ほとんど盛り上がりはありません。

 

触ると少し膨れているのを感じる程度の小ささで、突起をほとんどしていないのが特徴です。

数が少なければ遠めで見れば気づかないこともあります。

 

しかし、アクロコルドンが発生する原因は肌の機能が低下をしてしまったことです。

そのため、首にできたのであれば新しく近くに発症をすることが多いです。

どんどん数も増えるので小さいからと侮るとぶつぶつだらけで気持ち悪くなってしまいます。

 

アクロコルドンの取り方!イボケアか液体窒素による手術

アクロコルドンを取るのであれば代表的な方法は2つです。

・イボケア化粧品によるスキンケア

・液体窒素を使った手術

自宅で行うことができる為、スキンケアによってアクロコルドンを取る人もたくさんいます。

病院が近くのであれば液体窒素を使うのも有効な方法となります。

 

首のスキンケアによってイボを取る方法の特徴

首のケアによって取るのであれば自分でも行うことができます。

スキンケアによって肌機能を高めれば角質粒となるので、自然と肌の働きで取ることが可能となります。

イボケア用の化粧品として用いられるのがヨクイニンが配合された軟膏タイプのクリームやジェルなどの化粧品です。

薬局やドラッグストアでは販売がされていないことも多いので、通販を利用すると良いでしょう。

 

液体窒素でアクロコルドンを取る特徴

皮膚科で液体窒素を使った手術も人気の取り方のひとつです。

東京のような都会であれば良いのですが、少し田舎のほうに行くと皮膚科が近くになくて困ることはあります。

 

液体窒素を綿棒の先っぽにつけてアクロコルドンのある箇所に使うとすぐに凍らせることができます。

凍らせてから角質の集まりであるアクロコルドンを取ってしまうのですね。

 

費用としては1個当たり500円から1000円程度に診察料です。

手術後に関してはヨクイニンが配合された軟膏などが処方され、毎日ケアをすることで繰り返しあらわれるイボを防げます。

 

アクロコルドンの治療は痛い?

皮膚科で行われるアクロコルドンの治療は痛みがあるものもあれば、無いものもあります。

アクロコルドンは角質が固まってできる角質粒なので、古い皮膚細胞には神経は通っておらず、

痛みを感じることはありません。

しかし、首や顔の皮膚に接合をしている為、痛みを感じることがあるのですね。

 

自宅で行う首のケアによって取るのであれば痛みはまずありません。

肌の力で自然と取り除くことができます。

 

皮膚科で行われる治療であれば液体窒素ですが多少痛みを感じることはあります。

しかし、悲鳴を上げるほどの痛みを感じることはないので心配をする必用はありません。

綿棒の先っちょに液体窒素をつけて、ぽんぽんとアクロコルドンの付けるだけの簡単な治療方法となります。