角質粒には飲み薬と塗り薬のどちらが良い?

角質粒を自宅で治療する方法として薬を使った方法です。

 

一言で薬といっても飲み薬もあれば塗り薬もあります。

そのため、どちらを利用した方が効き目があるのか気になることでしょう。

 

必ずしもどちらの薬を使った方が効き目があるようなことはありません。

それぞれに特徴もあり、販売しているお店も異なってきます。

人によって使うべきものは異なってくるのですね。

 

飲み薬か塗り薬か迷っている人にそれぞれのデメリットを紹介致します。

 

飲み薬のメリットとデメリット

飲み薬のメリットとしてはからだの全体の肌を改善することができる点です。

角質粒は首にできることが非常に多いですが、顔や腕にも発症をします。

そのため、同時に発症をした人であればひとつで全ての箇所を治すことができます。

 

また、薬局で市販されていることが上げられます。

ただ、デメリットもあります。

 

からだの内側に肌を改善させるために成分を浸透をさせるので、

一部分を改善することはできません。

塗り薬のように角質粒に直接塗ることができないのですね。

 

塗り薬のメリットとデメリット

塗り薬のメリットとしては角質粒に塗ることができます。

そのため、塗ったエリアの部分の改善を直接行うことができます。

 

ただ、デメリットとしてはほとんど市販がされていないことです。

ドラッグストアで塗り薬が置いてあるのは見かけたことが無いです。

皮膚科へ行けば軟膏が処方されることはあります。

 

手術をした後に予防するためにも手術後にはケアが必要となります。

その際に塗り薬である軟膏が処方されることもあります。

 

塗るタイプで改善をしたいのならヨクイニンクリーム

 

塗るタイプの薬ではありませんが、首イボ用のクリームが市販されています。

それがヨクイニンクリームです。

 

ヨクイニンが配合された化粧品で角質粒用に作られています。

イボを柔らかくし、肌機能を高めることができます。

角質粒の原因となっている角質が肌に残るのを改善することができるのですね。

また、イボをポロリと肌力を高めることで落とすことができます。

 

薬ではないですが、塗るタイプを利用したいって人に人気となってる方法です。

人気なのであれば艶つや習慣や杏仁オイルなどがあげられます。

 

どちらの薬がおすすめかは角質粒の部位によって違う

 

塗るのか飲むのかの判断はからだの部位で決めるのがおすすめです。

顔や首に部分的にイボができているのであれば塗るタイプを利用する。

からだの色々な箇所に発症をしているのなら飲み薬を利用する。

 

以上のようにイボが発症している箇所によって決めるのがおすすめです。

塗るタイプだと首だけでなく他の部位にもあったりすると全体をカバーできないこともあります。

そのため、2つ必用になることもあります。

 

あなたの角質粒がどの範囲にあるのかによって、

使うべき薬や取り方は決めるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*